無料小冊子お申し込み無料小冊子お申し込み
無料相談お申し込み無料相談お申し込み
「モバイルマーケティングマガジン」配信中(無料)!「モバイルマーケティングマガジン」配信中(無料)!

導入事例

・リスト一覧へ

株式会社ビジネスアプリケーション様(文中敬称略)

コストを大幅に下げ、1ヵ月間40名のセミナー集客を実現。

課題:株式会社ビジネスアプリケーション(http://www.b-appli.com)は、人材派遣業向け専門のシステム開発会社です。同社が開発した総合業務管理パッケージソフト「The Staff-2000」は人材派遣業界で1500社以上の企業が採用する「業界標準」のシステムになっています。今回のプロモーションは、WEBを活用して「The Staff-2000」の見込み客や製品紹介セミナーへの集客数を増加させることが課題でした。約4ヵ月間の活動において、300社以上のリストを獲得。またセミナーには、約1ヵ月間で40名以上を集客することができました。

【お客様の声】

株式会社ビジネスアプリケーション
代表取締役 浅野 悦男 様

数年前より、告知戦略の一環としてWEB戦略の強化を検討していましたが、なかなか弊社の市場にフィットし、マーケットを開拓するための提案会社も少なく、あきらめかけていました。 しかし、昨年の秋にナノプロメンバーを紹介され提案を受け、弊社が抱えている問題点を的確に把握し、解決するためのWEBプロモーションであると思い、依頼することを決めました。我々の市場は非常に狭く、また商品も業務処理ERPであることを考えると、成果が出てくる確率は非常に難しい一面も多くあったため、正直言って当初は多少半信半疑でいました。しかし、実施から3ヵ月目から計画に沿った成果が着実に出てきたことに驚いております。 今あらためてWEB活用の重要性を感じ、新たな戦略手法の一つになったことに感謝しています。

 

プロモーション手法 <ステップ1 小冊子による見込み集客>

■人材派遣ビジネスを成功させる秘訣やノウハウを説明した小冊子(PDF)を作成
■その小冊子を無料でオファーする専用集客Webサイトを構築
■小冊子読者へ定期的にフォローステップメールを送付=>セミナーへ集客
■集客方法は主にGoogleのアドワーズ広告とSEO対策、FAX

<ステップ2 メルマガ広告を活用したセミナーへの直接集客>

■The Staff-2000の製品紹介セミナー誘導の専用Webサイト作成
■上記サイトの内容を主要BtoBメルマガ広告に掲載

<ステップ3 総合プロモーションサイトの構築>

■上記、ステップ1、2の集客サイトを統合した集客専用のプロモーションサイトを構築。その他、日経新聞等のマス広告にも定期掲載しているので、そこに上記サイトの案内を載せることで、マスメディアとWebを融合させた集客も併せて実践しました。同社のプロモーション対象は、人材派遣企業(B to B)です。その中でも、新規に業務管理システムを検討している企業と既に何らかのシステムを利用している企業と大きく2つに分かれます。 グルーヴプロモーションはまず、新規に業務管理システムを検討している企業へのプロモーションからスタートすることを提案しました。

同社がまず<ステップ1 小冊子による見込み集客>として、実践したプロモーション内容には以下のとおりです。

/雄倏標ビジネスを成功させる秘訣やノウハウを描いた小冊子(PDF版)を作成。

 同社の「The Staff-2000」というソフトは人材派遣業界で導入実績No.1のソフトです。製品自体のUSPが明確であるので、製品PRをしたいところですが、すぐに製品名を表に出さず、人材派遣企業のユーザーが自然に読みたくなるよう、「人材派遣ビジネスを成功させる秘訣」というテーマの無料レポートを作成し、集客することにしました。 人材派遣ビジネスの経営というと、派遣スタッフの確保や派遣先とのマッチング業務ばかりに目がいきがちですが、実は業界特有の複雑で多様な「業務管理」をしっかりシステム化しておくことが重要となります。

この業界特有の「システム化」をどのように進めたら良いかを1冊のレポートにまとめたのが、この小冊子です。

⊂綉小冊子を無料でダウンロードできる専用集客Webサイトを構築

上記の無料レポート作成と同時に、集客サイトの作成もスタートしました。約1ヵ月かけて完成したのが、以下のサイトです。 実はこうした集客サイトでリストを多く集めるには基本的に【2つのコツ】があります。

■無料オファー(誘導URL)はできるだけひとつに絞り、最初と最後に2ヵ所設置誘導先を設置すること。
■お客様の声を多く入れることにより、内容が具体的に伝わるようにすること(実名、写真入りであれば、なおよい)。 もちろん、訴求力のあるヘッドコピーやコピーライティングも重要ですが、上記2つがしっかりできていれば、集客数(リスト)を増やすことは可能となります。

小冊子読者へ定期的にフォローステップメールを送付=>セミナーへ集客 そして、集めたリストに対して、週1回のフォローメールを自動送付する仕組みを構築。内容は、人材派遣ビジネスの課題と顧客事例、そして無料セミナーへの誘導です。 フォローメールを定期送付するというと、作業が大変なように考える方も多いかもしれませんが、自動ステップメールのシステム(ASP)を活用し、あらかじめ文章を用意しておけば、作業負担も少なく、低コストで運用することができます。

http://www.b-appli.com/ba-seminar/

同じサイトの中で案内しても良いのでは?と考える方もいるかもしれませんが、 集客サイトの場合、その中で紹介する誘導のURLはできるだけひとつに絞った方がよく、これによってクリック数がまったく違ってきます。 セミナー集客サイトを作成する上でのポイントは以下のとおりです。

1.ヘッドコピーは相手のベネフィットと商品(またはサービス)のUSPを強調
2. セミナーに参加するベネフィットを明確にわかりやすく伝える。
3.セミナー参加者の声、あるいはお客様の声を伝える。
4.申し込みへのリンクを目立つようにして、わかりやすくする。

一般的に製品紹介セミナーの場合、セミナーの内容(例:最新テクノロジー)や講師の紹介(有名人や経営者の略歴)だけが書いているものが多く見られます。これでは、数は集まるかもしれませんが、実際に購入してほしい見込み客を集めるのは難しいといえるでしょう。 セミナー集客サイトが完成したら、あとは「メルマガ媒体」の選択です。 当社で調査したところ、人材ビジネスに特化したメルマガはなかったので、まずは経営者やビジネスマンが読む主要なメルマガ媒体(読者数5万名以上)に出稿することにしました。 メルマガ広告には号外版とヘッダー版などいくつかの種類がありますが、ビジネスアプリケーションの場合は、号外版に出稿することにしました。

そして、前述のとおり約1ヵ月間で約40名のセミナー申し込みを獲得することができたのです。 ちなみに以前、同社が某大手新聞に掲載して、セミナー集客したときは約1000万の広告費用で、約10件の申し込みだったそうです。グルーヴプロモーションが上記のセミナー集客のためにかけたコストは、新聞広告の約5分の1。そして、集客数はその4倍となりました。

その後、同社はステップ3として、以下のことを実践しました。

■もうひとつのターゲットである、「既に他のシステムやソフトを利用している人材派遣企業」向けの小冊子、及び集客サイトの作成。
■これまで作成したサイトを統合したプロモーション専用サイトの構築。

詳しくは以下URLをご覧ください。
URL:http://www.b-appli.com/

一般的に企業のWEBサイトは会社情報やIR等のコーポレート情報と集客プロモーション用の情報を同じサイトの中で併用しているケースが多く見られます。 それに対し、グルーヴプロモーションでは、あくまで上記2つのサイトは分けて、見せることを推奨しています。理由は、一緒に見せてしまうと、読者はさまざまなリンク先やサイトに飛んでしまい、結局、最終的にアクションしてほしいこと(例:セミナー申し込み)に到達する前に、サイトから離脱し、コンバージョンが下がってしまうからです。

これまでに紹介したステップ1〜3のプロモーションを実践した結果、小冊子による見込みリスト、およびセミナー集客をコンスタントに実行できる仕組みが完成しました。今後は、申し込み者に対する電話フォローやリマインドメールのほか、サイトのアクセス数を高めるべく、プレスリリースの活用や各マス媒体(日経ベンチャーや東洋経済、日経新聞等)との連携も強化していくことを予定しています。

・リスト一覧へ・このページのトップへ